飲酒運転の疑いで2PMのニックンが略式起訴、罰金400万ウォンの処分

飲酒運転で事故を起こした2PMニックンの処遇

 



ニックンが略式起訴処分を受けた。

8月30日、ソウル中央地検刑事4部は飲酒運転の疑いで立件された2PMのニックンが罰金400万ウォンで略式起訴したと明らかにした。

ニックンは去る7月24日、ソウル江南(カンナム)清潭洞でお酒を飲んだ状態で自分の車を運転した疑いを受けている

当時ニックンは信号がない路地の交差点でバイクと接触事故を起こした際に飲酒の事実が知られて摘発された

 

 

ニックンの事件が検察に移り、検察が被疑者の身分でニックンを召喚することが予想されたが、被害者とニックンが合意をした状況なので、別で調査をしていないことが分かった。

ニックンは飲酒事件以来、すべての活動を中断して自粛している。

去る8月初め開かれたJYPの合同公演にも参加しておらず、2PMは現在五人のメンバーで活動している。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ