韓国バラエティ『常勝疾走』の PD 「BEASTイ·ギグァンの降板は確定ではない」

BEASTイ·ギグァンの出演バラエティ降板の噂に関して

 



グループビーストのイ·ギグァンがKBS 2TV 『常勝疾走』のMCを下車するという報道と関連し、演出を引き受けたパク·ジヨンPDが「下車が確定したわけではない」と明らかにした。

パクPDは12日OSENとの通話で「ビーストが海外で人気を呼び、コンサートやファンミーティングなど海外スケジュールが多くなり、スケジュールの調整が難しく、これを置いて所属事務所側と議論をしていたことは事実」としながら「正確にいうと下車ではなく、録画スケジュールなどを調整している」と明らかにした。

続いて「イ·ギグァンさんが2年の間にプログラムの末っ子MCとして多くの役割をしてきたため、海外スケジュールを消化し て再録画に入る方法など、いくつかの方法を考えている」としながら「昨日は放送中止になって、ソン·ヨンジェ、イフイジュン編などまだ放送もたくさん確保している。今すぐの録画ではないので、時間的な余裕は十分にある」と説明した。

 

 

イ·ギグァンの所属事務所の関係者も同日、 「イ·ギグァンが来週の録画を最後にプログラムで下車することになったということは事実ではない。ただビーストのスケジュールのために製作陣と相談をしているのは事実だ」と明らかにした。

 

一方、イ·ギグァンは『常勝疾走』に去る2010年8月に初めて姿を現わしキム·スンウをはじめ、コメディアンイ·スグン、放送のタク·ジェフンと一緒にMCとして活躍して機転のきいた話術でプログラムに活力を吹き込んでいる。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ