韓国で伯父に常習的に暴行されていた17歳の少女、実の兄にも?『理解できない』

韓国でまたしても目を覆いたくなる事件が

 



甥を常習的に暴行した人面獣心の伯父が警察に捕まった。

景気平沢警察署は甥を常習的に暴行してきた疑いで、A(58)氏を拘束したと9月3日明らかにした。

警察によればAさんは去る2005年から当時の小学生だった女性の甥B(17、高校退学)を、最近まで常習的に暴行した疑いを受けている。

Aさんは甥Bさんを週に2〜3回ずつ常習的に暴行してきたことが分かった。

Bさんが伯父Aさんに初めて暴行された2005年、当時のBさんは、わずか小学校3〜4年生に過ぎなかった。

 

 

Bさんは去る2004年から離婚した父と兄二人、そして伯父Aさんと一緒に家に住んだ。

しかし、伯父Aさんが暴行した事実を家族に知らせなかった。

これに対し、Bさんはこのような事実を言えば父に怒られそうだし、また家族間で問題が生じることを恐れて知らせなかったと説明した。

Bさんは去る7月には子供まで出産して子供保護センターにとどまっていることが分かった。

この保育所は、Bさんに相談した過程でこのような暴行被害の事実を知った後、警察に捜査を依頼した。

警察はBさんの子供の父親がまだ確認されていない状態だと伝えた。

また、Bさんが実の兄にもセクハラをしていたと述べて、現在追加の被害事実を確認中だと明らかにした。

警察はAさんを暴行犯罪の処罰および被害者保護などに関する法律違反の疑いで逮捕した。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ