クレヨンポップの『BarBarBar』が米タイムズスクエアに響き渡った!?

クレヨンポップの『バパパ』がタイムズスクエアで紹介された。


韓国人2人と外国人の6人で構成されたクレヨンポップファン·チャレンジ(Crayon Pop Fan Challenge) “チームは、8月31日(現地時間)、米ニューヨーク·マンハッタンの観光名所のタイムズスクエアでクレヨンポップを知らせるために路上広報に出た。

crayonpop-130924


これらのクレヨンポップを宣伝するお菓子を配ってニューヨーク市民はもちろん、ニューヨークを訪れた観光客と一緒にクレヨンポップと関連付けられているインスタントゲームをして楽しい時間を持った。

クレヨンポップのバーパパでトレードマークとなる二筋のヘルメットをかぶってトレーニングウェアを着た2人のMCは、ウクライナ、レバノン、日本など様々な国籍の人々と一緒に”チャムチャムチャム’スローガンの代わりに”クレヨンポップバパパ”のスローガンに合わせてチャムチャムチャムゲームをして、”バパパ’の振り付けで、特定の動作をお互いにマッチさせるゲームをしてクレヨンポップの認知度を高めるため大活躍した。

また、両MCは帽子やヘルメットをかぶった人に近付いて何も言わず”直列5気筒ダンス”をみせて誘導するミッションを遂行し、対決で負けたMCは、タイムズスクエアからコリアタウンまで移動し、横断歩道の前で”バパパ”の歌を歌って踊る罰ゲームを受けた。

このような活躍を収めた映像は8日、FacebookやYouTubeで公開された。


一方、 “クレヨンポップファンのチャレンジチームは、10月5日(現地時間)、ニューヨークで開催される韓国の文化遺産パレードに参加し、バパパ’フラッシュモップを実行する予定である。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ