D-unitが1日バリスタに変身、異色のカフェファンミーティング

D-unitが一日バリスタになってカフェでファンミーティングを開いた。

D-unitは、5月18日に最後のファンミーティングとしてシェイクなどを直接作ってファンに提供し、別れの惜しさを分かち合った。


昨年8月にデビューして2枚の正規アルバムと1枚のシングルアルバムを発表してきたD-unitは、最後のファンとの出会いを舞台ではなく、日常に選んだ。

d-unit-130520-01
d-unit-130520-02


所属事務所ディビジネスエンターテイメント側は”メンバーたちがファンにもっと近づいて直接対話をして感謝の気持ちを伝えることができる特別な時間を望んでいたので1日バリスタコンセプトを最後のファンミーティングとして企画した”と述べた。

これにより、ファンミーティングの場所もD-unitが頻繁に通っていたカフェ、マンゴーシックスに決定してメンバーもゲストではなく、バリスタになってエプロンをかけてキッチンに入ってファンを迎えた。

D-unitのメンバーたちが直接作った飲み物を渡されるなどのサプライズイベントに感動したファンは、花束とお弁当を買ってくれる温かい場面を演出した。

2時間余りの間、押し寄せる客を果たしたメンバー陣は”ファンとの出会いが嬉しかったですが仕事が複雑で難しく疲れました”とし、 “カフェアルバイトの賃金未払いはには言葉がでません。全国のカフェ社長は、私たちの苦労を知っていただく必要がありますね”と愛嬌混ざった感想を残した。

D-unitのメンバーはファンたちが注文したすべてのドリンクを提供した後は、別にティータイムの時間を設けファンの質問に答えて別れの惜しさを交わした。


一方、D-unitは、休息を取って海外活動をする予定であり、今年の秋には新しい音楽でカムバックする予定だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ