FTISLANDが韓国バラエティ『スケッチブック』でカムバック、タイトル曲の自作曲が初登場『熱狂』

FTISLANDが『スケッチブック』に出演

 



FTアイランドが帰ってきた。

最近四枚目の正規アルバム『ファイブトレジャーボックス』を発表して本格的に国内カムバックを宣言したFTアイランドは9月11日に行われたKBS 2TV 『ユ·ヒヨルのスケッチブック』の録画で放送初のタイトル曲『いいね』とチェ·ジョンフン作曲-イ·ホンギ作詞の自作曲『ライフ(LIFE)』を披露した。

『いいね』は、アコースティックギターとトランペットの演奏が引き立つバンド編成のポップ曲でマイナーで進行されてメジャーに変化するという興味深い曲だ。

音源強者のFTアイランドの名声にふさわしく、この曲は音源公開と同時に大きな人気を得ている。

 

 

FTアイランドはこの日の録画舞台でタイトル曲『いいね』を初めて放送舞台で披露したのに続き、ヒット曲『サラン・サラン・サラン』を風変わりなアコースティックバージョンで演奏、観客たちの熱い歓呼を受けた。

特にアンコール曲では今回の正規アルバムで8番トラックに収録された曲であり、FTアイルランドチェ·ジョンフン作曲、イ·ホンギ作詞の自作曲『ライフ(LIFE)』をテレビ初披露した。

『ライフ(LIFE)』は、強いギター·リフで始まるモダンロックでイ·ホンギの爆発的ながらも節制された歌唱力と強烈なバンド演奏が引き立つのが特徴である。

人生の本質をたどる旅を描いた真摯な歌詞を入れた歌で特にイ·ホンギが一番好きな歌に挙げた曲でもある。

FTアイランドは「私たちが好きで熱心に準備してきた歌を放送舞台で演奏することになってうれしくて力が出る。これからお見せする機会が増えるだろう。熱心に活動する」とカムバックの所感を伝えた。

14日放送予定。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ