視聴率上昇中の『五本の指』、 『紳士の品格』越えなるか!?

SBS週末の新ドラマ『五本の指』が快調なスタートを切っている

 



SBS週末特別企画『五本の指』の視聴率上昇の勢いが尋常ではない。

去る19日初放送された『五本の指』は視聴率11.2%(AGBニールセン、全国基準)を記録し、当時11.3%を記録したMBC 『メイクイーン』に0.1%ポイント低くく始まった。

しかし、チェ·シラとチョ·ミンギなど中年俳優たちとガンイソクとキム·ジフンなど子役俳優たちの熱演に力づけられて『五本の指』2回放送分は12.7%を記録し『メイクイーン』を弾き出した。

これは、 『五本の指』と『メイクイーン』の前作である『紳士の品格』と『ドクターJIN』の対決を思い起こさせる。

去る5月27日初放送された『神社の品格』は、同時に開始した『ドクタージン』と劇序盤から薄氷の視聴率競争を繰り広げたが、回を重ねるごとに、チャン·ドンゴンとキム·ハヌルの愛の物語だけでなく、すべての出演俳優たちの熱演が続いて視聴者たちから多くの愛を受けることになった。

 

 

その結果、 『紳士の品格』は、視聴率20%をふらりと越して『ドクターJIN』をダブルスコアで押しだす勢いを見せた。

これにより、シン·ウチョルPDとキム·ウンスク作家コンビ『 パリの恋人』以来、『オンエア』、『シークレットガーデン』などを経て、7連続興行という業績を成し遂げた。

 

これにSBSのドラマの関係者は「去る『紳士の品格』に続き、今回の『五本の指』も、不本意ながらMBC作品と同時に競争することになった。特に前回キム·ウンスク作家に続き、今回のキム·スノク作家もまた『妻の誘惑』、『天使の誘惑』などを興行させた底力があり、回を重ねるごとにより多くの視聴者たちから愛を受けるだろう」と自信を示した。

 

一方、 『五本の指』は天才ピアニストたちの夢と愛、楽器を作るグループの後継者をめぐる暗闘と復讐、それによる不幸と傷を克服する過程を描いたメロ音楽ドラマ。

チェ·シラ、チュ·ジフン、チ·チャンウク、ハム·ウンジョン、ナ·ムニ、チャ·ファヨン、チョ·ミンギ、チョン·ノミン、チョン·ミソンなど実力派俳優たちが出演する。

毎週土、日曜日の午後9時50分放送。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ