韓国コメディアンのカン·ホドン側 「復帰作は確定しておらず時期尚早、今月末に決定する」

韓国コメディアンのカン·ホドンの復帰に関して

 



カン·ホドン側がMBC 『黄金漁場-ヒザ打ち道士』とSBS 『スターキング』など、特定のプログラムを通じた復帰説を否定した。

8日、一部のメディアは、放送関係者たちの言葉を借りて、カン·ホドンが放送中止前の出演作である『ヒザ打ち道士』と『ストッキング』で復帰することが確実視されていると報じた。

ただし、SBS 『強心臓』とKBS 2TV 『ハッピーサンデー-1泊2日』などは、すでに後任者が席を占めた状況だと復帰作の候補からは除外されたと伝えた。

しかし、これに関連し、カン·ホドン側の関係者はこの日午前OSENとの電話通話で「『ストッキング』や『膝打ち導師』に出演するという報道は時期尚早だ」とし、 「現在MBC SBS KBSなど地上波放送局と所属事務所(SM C&C)、カン·ホドン本人と復帰作に関して緊密に協議している。決定された番組は何もなく、特定のプログラムを取り上げるのは現時点では無理がある」と話した。

 

 

関係者によると、カン·ホドンの復帰作確定時点は今月下旬ごろになるとみられる。

地上波秋の改編時期が10月下旬から11月の間にまたがっているため、カン·ホドン側も今月末に復帰作を定めて本格的な活動再開の準備に入る計画だ。

また、関係者は「多くのファンたちが期待しているので慎重に検討して、良い姿でお伺いできるように努力する」とし、「具体的な作品や時期などの言及はもう少し時間を持って見守ってほしい」と伝えた。

 

一方、カン·ホドンは最近、SMエンターテイメント系列会社であるSM C&Cと専属契約を結んで活動再開を宣言した。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ