IOC、オリンピックでレスリングが退出 … テコンドーは残留

IOC、オリンピックでレスリングが除外されることになった。それに関する韓国メディアの記事。



レスリングがオリンピックから退出された。

一方、テコンドーは正式種目として生き残ることになった。

AP通信は12日(韓国時間)、匿名の国際オリンピック委員会(IOC)執行委員会の関係者の情報から、苦心していた近代5種とテコンドーはオリンピックのコアな25銘柄として残留させることに決定、そして代わりにレスリングを退出させることにしたと報道した。

今回退出が決定されたレスリングは5月に開かれるロシア·サンクトペテルブルクIOC執行委員会で野球·ソフトボール、空手、武術、ローラー、スカッシュ、スポーツクライミングウェークボードなど新たにランクインを狙っている7つの種目と一緒に2020年のオリンピック種目への参加をかけて競争を繰り広げることになる。

ioc-0213

 

これに伴い、テコンドーはオリンピックのコアな競技として残ることになった。

退出種目の最終決定は、来る9月、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれるIOC総会で下される。

 

ソース:http://osen.mt.co.kr/article/G1109541188




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ