韓国女性12歳で初めての妊娠、15歳で二人の息子のママ『誰が少女を破壊したのか』

韓国で知的障害を持った女性が15歳で2人の息子の母親に。現在警察は父親捜しに乗り出している

 



全北益山(イクサン)が大騒ぎになった。

平和だった街がざわめき始めたのは3年前に発覚した知的障害の母娘が現れた後からだった。

母娘が来てから間もなく娘が突然子供を持ったのだ。

当時の少女の年齢はわずか12歳だった。

その時から町内におかしな噂が流れ始めた。

そして近所の人々が義父が母娘の一部屋に住んで少女を妊娠させたと主張した。

しかし、噂が広まるだけで子供の父親探しに積極的に乗り出した者は誰 もいなかった。

 

 

そう皆がささやいている間に、今年2月、少女は再び息子を産んだ

最初の子供を出産してからわずか1年6ヶ月ぶりに起きたことだった。

15歳で二人の子供のママになった少女の名は「ク・ハリ」(仮名)。

名前の意味は、世界の人々から「救い」を受けるという意味だった。

 

◇ 『私は違います』子供たちの父親の席をめぐる三人の男の真実の攻防戦

 

10代の知的障害の少女が二人の子供のママになったというニュースがマスコミを通じて報道されると、人々は衝撃に包まれた。

そしてそれが手のほどこしようもなく大きくなると、警察がやっと『ハリの子供たちの父親探し』に乗り出した。

警察は、まずハリが生んだ二人の息子の父親と思われる、ハリの義父を呼んで調査を開始した。

彼は父親であることを頑強に否認していた。

警察は、より確かな証拠で真偽を確認するために彼のDNAを採取しようとした。

その瞬間、少女の義父は突然証言を変えて「最初の子供は私の子供だ」と自白したそうだ。

問題はその後、義父が再び証言を覆して無実を主張しているということだ。

 

ハリの二人の息子を置いて、誰が父親であるか確認を進めている状況で、警察は、ハリの義父を最も有力な容疑者として指名している。

しかし、その意見に反発する声が一つあった。

すぐにハリの実の母親だ。

彼女は「この人はそのような人ではない。ハリの子供たちの父親は別にいる」と抗議し、まだハリの義父を信じて疑っていなかった。

ハリの母が指名した容疑者は、ハリの昔のボーイフレンドで彼は知的障害3級である。

さらに、村の人々の間では、別の噂が流れていた。

最近ハリのそばでよく目撃されている町内のお兄さんの話だ。

しかしハリの昔のボーイフレンドも、現在親しくしているお兄さんもみんな「自分は子供たちの父親ではない」と強く否認している。

ハリを妊娠させた男として疑い受ける3人は、明らかに誰かがハリの子供たちの父親なのだろうが三人とも自分ではないと無実を主張している不合理な状況にある。

 

どうすればいいのだろうか。

警察が科学捜査研究所に依頼した遺伝子検査は2カ月以上も出てきていない。

これにSBS『気になる話Y 』の制作陣は、直接ハリの子供たちの父親探しに乗り出した。

 

製作陣が直接親子に依頼した一日後、製作陣は素晴らしい結果を手にすることができた。

それはハリの子供たちがお互いに親兄弟ではないということ、つまり父親がお互いに違うということだった。

果たしてハリの『子供”の本当のお父さんたち』は、果たして誰なのか。

「ク・ハリ」のことを思いながらも放置してきた人々、この厳しい世の中で彼女を救ってくれる人は本当にいないのだろうか。

『気になる話Y』は、15歳の知的障害の少女と二人の息子をめぐるうわさの正体を暴く。

8月10日午後8時50分放送。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ