独島守護のキム·ジャンフン15年ぶりに日本へ「入国時に危険がないか心配」

キム·ジャンフンは、1999年以来、15年ぶりに日本に行く。

キム·ジャンフン公演所属社であるショー世界の関係者は7日”先日、DMZ平和コンサートのために入国した日本のグループLUVプロデューサーはもちろん、日本、Google、YouTubeの関係者と有力公演プロデューサーと出会うために8月末日本に行くことに決めた”と伝えた。


キム·ジャンフンは、昔から独島と歴史問題などで、いくつかの日本の極右勢力を批判してきた。

このような中で、日本行きを決定し、再び注目を集めている。

kim-130807


関係者は”極右性向が際立つ今の日本の状況に応じて先送りするのがどうか悩んでいる。入国さえも疑問であり、独島運動と慰安婦運動などキム·ジャンフンは、顔がよく知られているので、安全上の懸念がされていることも事実だ”とと付け加えた。

キム·ジャンフンは、 “周りのことはあまり気にあまり気にしていない。先日、京畿道DMZ平和コンサートで、多くの韓国の観客が日本のグループに歓声を送ってマナーを見せてくれたように、日本でも過激な姿をは見せないと考えている”と”良いプロデューサーと企画者たちに会って、東京公演をしてみたい。音楽の中で友情を分かち合うことができると信じる”と所信を述べた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ