JYJキム·ジュンス「ムービーのラブシーンはすべて即興演技だった」

JYJキム·ジュンスのMV撮影の裏話

 



キム·ジュンスアメリカンMV撮影当時に戸惑った理由は?

キム·ジュンスが初めて経験したアメリカのミュージックビデオの撮影秘話を公開した。

キム·ジュンスはJYJでソロ歌手として、アジアを越えてワールドツアーまで行いながら韓流歌手の威容を誇示している。

キム·ジュンスは最近『@ star1』と画報撮影およびインタビューを通じて、英語シングル曲『Uncomitted』のミュージックビデオ撮影の裏話を打ち明けた。

 

 

キム·ジュンスは8月末に発売した初の英語シングルアルバム『アンコミッテッィド』のミュージックビデオを米国の有名ミュージックビデオディレクターのマーククラスフェルトと作業した。

彼はミュージックビデオでドイツ人、ルーマニア-韓国系モデルとのラブシーンを披露し、ファンたちの熱い関心を受けた。

キム·ジュンスは「韓国は動線から確実に認知させて開始するが米国は動線を確認しない。ただ「この女性と浮気するような感じで歌ってみて」と言った後すぐに「アクション! 」 だったよ。キューサインがくるから、とにかく何かしないといけなかった。すべて即興演技だった」と笑った。

彼は「すべてのスタッフが見ていたので恥ずかしくなる前に何とか早く終わらなければと頑張った。その方たちも有名なスタッフたちだ。韓国アーティストとして初めてのことだったのでしっかりとやらなければという責任感があった」と付け加えた。

このほか、ワールドツアーに臨む所感、ミュージカル俳優としての成長と日常の話などは、 『アットスタイル』(www.atstar1.com)10月号を通じて公開される。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ