JYJのベトナム訪問「空港から会場まで応援が絶えず」【画像】

JYJがベトナムのハノイを盛り上げた。

JYJは10月24日、ベトナムのハノイで初の広報ロードショーを成功裏に終え、2014年仁川アジア競技大会の期待感を高めた。


シージェスエンターテイメントは25日”昨日のベトナムのハノイで2014年仁川アジア競技大会を紹介するPRロードショーとショーケースが開かれた。

JYJのハノイの最初の訪問のメディアの取材熱気が熱かった3,400人規模の国際会議場を埋め尽くしたファンたちはJYJと一緒にアジア大会のテーマソング”ONLY ONE”の振り付けを応じて爆発的な呼応を送った”と明らかにした。

jyj-131025


アジア競技大会組織委員会側は”ハノイは2019年に次期アジア競技大会の誘致都市だ。JYJが仁川アジア競技大会ロードショーに出演するというニュースが伝わった後、現地で熱い反応を得た”と明らかにした。

続いて、 “アジア競技大会のテーマソングの振り付けは、ベトナムのファンが直接参加したフラッシュモブを介して一般の人々に知られ、ロードショー事前広報に大きな助けとなった23日のJYJが空港に到着すると、遅い時間にもかかわらず、数百人のファンが集まって歓呼した”と伝えた。

キム·ヨンス組織委員長は、 “2014年大会期間中の観光客20万人以上を誘致する計画である。JYJのロードショーが事前広報に大きな力となっている。”アジアを踊らせよ”というキャッチフレーズで作られたテーマソング歌いやすく明るく反応が熱い。来月ある中国広州ロードショーにもJYJが一緒にして、より大きな力を加える予定だ”と期待感を示した。

JYJは、ベトナムのハノイのホテルで開かれたPRロードショーの記者会見で、 “アジアの和合のために重宝される2014年仁川アジア競技大会は、人種や文化、言語を超えた団結の場になるだろう”と語った。


一方、JYJは下半期、個々の活動に注力する。キム·ジェジュンは29日正規1集アルバムとアジアツアーを行いパク·ユチョンは、映画”ヘム”の撮影に専念する予定だ。

キム·ジュンスは12月に創作ミュージカル’ディセンバー:終わらない歌’で舞台に上がる。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ