『スターキング』、『膝打ち導師』に復帰した韓国芸人カン·ホドン、1泊2日にはなぜ出ない?

『スターキング』『膝打ち導師』に復帰したカン·ホドン

 



『帰ってきた国民MC 』カン·ホドンの復帰プログラムの輪郭が徐々に明らかになっている。

カン·ホドンは来る11月SBS 『 驚くべき大会スターキング』を始めMBC 『膝打ち導師』とKBSの新しいプログラムで視聴者を見つける予定だ。

カン·ホドンが最初に視聴者たちと会うプログラムは、 『スターキング』。

2007年1月から昨年9月に暫定引退するまで4年以上一般視聴者と呼吸してきて第『全国のど自慢』のように育ててきたプログラムである。

 

 

『スターキング』の場合、 『ファミリーが現れた』を作ったジャンヒョクジェPDが演出を引き受ける予定で、視聴者たちの特技自慢という基本的なフォーマットは維持しながら、より風変わりな構成に変身する予定だ。

『膝打ち導師』はカン·ホドンの暫定引退と一緒にコーナーを廃止する痛みまであったが、今回、カン·ホドンの復帰と一緒に復活する見通しだ。

MBC芸能局は「まだ確定されたことではない』と控え目な立場を見せているが、カン·ホドンと、MBC芸能局は、年末に『膝打ち導師』コーナー復活に合意を終えたことが分かった。

KBSの場合は『1泊2日』でカン·ホドンを使うのは難しいものと見られる。

KBS芸能局の高位関係者は「カン·ホドンがKBSの代表芸能である『1泊2日』に復帰というのは、我々としては歓迎すべきことだが、本人が復帰に負担を感じているようだ」と明らかにした。

すでに去る3月シーズン2が始まって、新しいメンバーがプログラムを導いており、半年以上放送されて安定化にさしかかっているプログラムにあえて入って『被害』を与えたくはないと判断していることが分かった。

 

『スターキング』の場合、現在進行を受け持っているブーム、イトゥク、パク·ミソンの中イトゥクは今月軍への入隊を予定していてパク·ミソンは、最近スケジュールの問題で降板の意思を明らかにした。

秋の改編とかみ合ってMC交代という自然な手順を踏むことができるのだ。

『膝打ち導師』の場合もコーナー自体が最初から廃止され、 『被害』がある状況ではないのと比較して、『1泊2日』への復帰は悩みが多いというわけだ。

シン·ドンヨプイ·ドンウクが既に定着したSBS 『強心臓』の場合カン·ホドンの復帰が言及されていないのと同じだ。

カン·ホドンが新たに披露するKBSプログラムはどんな姿だろう。

まだ本人はもちろん、演出者として知られているPDも具体的な構想は成り立っていないことが分かった。

このPD自体も芸能局から指令を受けただけでカン·ホドンと新しいプログラムをするという事実も最近になってようやく伝えられた。

KBS週末芸能が土曜『青春不敗2 』 -『 不朽の名曲』 、日曜日『男の資格』 – 『 1泊2日』である程度安定しているが、これらのうち、カン·ホドンの新しいプログラムに席を譲って廃止するプログラムも有することができる。

土曜日放送中の『スターキング』がカン·ホドン復帰とかみ合って、曜日、時間帯の変更を検討していることが知られてカン·ホドンの場合KBS土曜芸能への復帰が有力に見える。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ