韓国コメディアンのカン·ホドンが417日ぶりに帰還、 “懐かしかった”と涙声

脱税疑惑などで芸能界を電撃引退したカン·ホドンが417日ぶりに復帰

 


 

“国民MC ‘カン·ホドンが芸能界暫定引退から417日ぶりにカムバックした。

カン·ホドンは29日午前、ソウル江西区登村洞SBS公開ホールでこの日の午後予定されていた’スターキング’録画に先立って取材陣の前に姿を現わした。

降り注ぐカメラのシャッターの洗礼の中でカン·ホドンはまず、頭を下げて丁寧に挨拶をした。

続いて笑顔をたたえた彼の最初の一言は”こんにちは、久しぶりにご挨拶申し上げます。カン·ホドンです”だった。

彼は”朝からお越しいただき、また関心をお寄せいただきありがとうございます”とし”録画を控えて”ちゃんとできるのだろうか”と心配半分、ときめき半分です”と話した。

続いて、 “しかし、本当に懐かしかった”とし、 “空白期の間視聴者の関心と愛がどれだけ大切なのか切実に感じることができた”と伝えた。

また”復帰という心からデビューしたばかりの新人の姿勢で誰よりも最善を尽くして視聴者の皆さんに愛される放送になるように努力する”と覚悟を固めた。

 

一方、カン·ホドンは昨年9月、 “脱税の疑い”に巻き込まれて芸能界暫定引退を宣言し、放送関係者に衝撃をもたらした。

以後SM C&Cで新しい巣を作って1年ぶりに公式復帰を宣言し、この日のSBS “スターキング”の録画をかわぎりに放送カムバックを果たした。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ