韓国で132億ウォンを当てたロト1等当選者はサムスンの女性職員。

韓国で132億ウォンを当てたサムスン社員?

ちなみに132億ウォンはおよそ9億4千万円

 


 

先週ロト1等を当選して132億ウォンを受けることになった幸運の主人公がサムスン系列会社の女性職員という噂がインターネットに広がっている。

15日の証券街では先週発表された515回ロト1等当選者がサムスンのディスプレイで勤務する高卒女子社員という噂が広がった。

この女性職員が、当選金を受領した後、無断欠勤して退職金300万ウォンを会食費として書いて返却して退社したという内容だ。

 

サムスンディスプレイの関係者は、 「そのようなうわさがあるという話は聞いたが、従業員があまりにも多く、身元をいちいち確認することができない」と話した。

当選者は忠清南道天安市東南欧チョンスドンのスーパーで宝くじを購入し、自動方式ではなく、手動方式で直接番号を組み合わせていたことが分かった。

彼女は15日午前、農協を訪問して税金を除いた88億7700万ウォンを受領したことが確認された。

今回のロト1等当選金132億ウォンは、最近2年間で最も大きな金額だ。

1等当選者がたった1人だけ排出されたのは427回目の125億ウォンから1年8ヶ月ぶりだ。

昨年10月にも、サムスン電子の従業員1人がロト1等に当選して33億ウォンを受けとったという噂が広がった。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ