【韓国の面接事情】面接官が一番嫌うこととは “無理矢理合わせた答え”

韓国の面接官が一番嫌うのは?

 


 

面接官にとって最も嫌だと思われる求職者の行動は “無理やり合わせること”であることが分かった。

26日、就職ポータルインクルートが面接官として参加した経験がある企業の人事担当者296人を対象に調査した結果、66.6%が”面接で無理な行動をする人がいた”と答えた。

 彼らが挙げた無理な行為には、 “無理に合わせた答え”(40.6%)が1位を占めた。

続いて “場違いの服·メイクアップ”(19.3%)、 “実現的に実現が難しそうな約束”(15.7%)、 “無礼な態度”(8.1%)、 “行き過ぎたユーモア”(6.6%)、 “歌や踊りなどどうでもいいような特技の披露 “(6.1%)の順だった。

それらの入社志願者については、 “否定的に評価する”(86.8%)という回答が圧倒的に多く、 “脱落させた”(65.0%)という回答が半数を超えた。

面接時に無理な行動をする志願者は、職務ごとに貿易の販売、販売店管理(23.9%)が最も多く、顧客相談(9.6%)、マーケティング広告宣伝(9.1%)、生産整備機能(8.6%)などの順だった。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ