「阿部首相が率いる日本」→国際社会から友達がいなくなるだろう

米メディアウォールストリート·ジャーナル(WSJ)が日本の首相安倍晋三(安倍晋三)の第二次世界大戦関連の発言について苦言を伝えた。

ウォールストリートジャーナルは、 “一人の侵略”(One Man’s Invasion is)というタイトルの社説を介して安倍首相が23日(以下現地時間)、参議院で”侵略の定義は、学界でも国際的にも確実に確立されていなかった。国の間で起こったことは、視点に応じて異なって見えることができる”と発言したことについて問題を提起した。


この社説は、第二次世界大戦を誰が起こしたのかは、 “地球が太陽を回る”という疑問と同じように理論の余地がない問題なのに安倍首相が新たな解釈をしていると指摘した。

続いて、安倍首相の歴史的相対主義の理論は、日本が行った真珠湾空襲、バターンの死の行進、南京大虐殺などの生存者を侮辱していると批判した。

また、国際社会のメンバーは、第2次世界大戦当時、日本が犯した残虐行為を許すことはしたが、その時代の間違いを忘れてしまったことはないと強調した。

特に社説は、韓半島の危機状況と尖閣(中国名釣魚島)列島をめぐる中国と日本の争いが続く中、安倍首相の発言は、北東アジアの秩序を乱すことを懸念した。

それ以外にもウォールストリート·ジャーナルの社説は、日本が民主主義国であり、米国の同盟国であるが、安倍首相の面目ない(disgraceful)発言は、さらに国際社会で日本が孤立してしまうと批判した。



ソース:http://m.segye.com/article.asp?aid=20130428001150&cid=0101040200000




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ