ニコル心境告白「所属事務所再契約でも私はKARAのメンバー」

ニコルが再契約問題の本音を現わした。

ニコルは6日、自身のツイッターに”カラとの再契約に関して解散説が起こり傷づける結果となってしまい申し訳ありません”とし、 “私も日本ツアーを控えている状況で、突然の脱退説や再契約に関することが記事になっていて慌てた”と文を始めた。


続いて、 “私はKARAのメンバーとしてスタートし、最後もKARAのメンバーで仕上げたいのですが、現所属会社と再契約の現状でカラから脱退するという記事や関係者たちのインタビューを見てたくさん苦しみ混乱した”とし” DSPとの再契約はカラとして再契約するのではなく、アーティストとしての所属契約だと思う。会社所属アーティストではなく、一緒にしてきたグループを継続するための方法を見つけることができないだろうかと思う”と書いた。

kara-131007


また、 “私一人の問題で、カラが解散したり変わるわけではないと思う。所属事務所の契約とKARAのメンバーとの契約は不利でもないかと考えた”とし、 “カラの活動に最善を尽くしながら、私も再結成のために努力したい。そのために私に多くの時間と努力が必要だったと思うので、私の個人的な所属の問題は、自分の将来のために投資してみたくてDSPと所属契約更新はしないことに決めた”と話した。

また、 “カラと呼ばれるグループは現在、一人のものではないと思う”と”それほどKARAのメンバーとして、カラの責任があると思うので、このような考えを持っているが、皆さんやカラの関係者の方々が私の考えとは違い不可能であるならば私はチョン·ニコル、という名前で個人的に活動するだろう”と明らかにした。

また、 “所属事務所再契約とは関係なく、私はKARAのメンバーとして活動することを約束する”とし、 “私は今もこれからもカラを愛し、KARAのメンバーとして活動していることを幸せだと感じている。カラと呼ばれるグループは、私にはあまりにも大きな存在だ”と付け加えた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ