韓国マネージャーがスターの付き添いの陰で女性への暴行繰り返す。俳優キム·スヒョンも困惑

キム·スヒョンにマネージャー暴行疑惑が

 



芸能界に衝撃的なニュースが聞こえてきた。

上半期最高の興行ドラマ<影を抱いた月>で主流になった俳優キム·スヒョンのマネジャーイ某さんが常習性暴行の疑いで逮捕された。

ソウル江南(カンナム)警察署は25日午前、 “去る24日ソウル、釜山などで6回にわたり女性の家に侵入して強姦した疑いでキム·スヒョンのマネジャーイ某さん(24)に対して拘束令状を申請した”と明らかにした。

 

 

警察によると、イ氏は昨年11月から今年9月まで、ソウル、釜山などで6回にわたり20〜30代の女性を強姦した疑いを受けている。

彼は主に夜遅くに一人で帰宅する女性を狙っていた。

女性に付いてエレベーターに同乗した後、強制わいせつをすることもあれば、最初から家までついて入って強姦をしたこともあるという。

イさんはキム·スヒョンの所属事務所であるキーイースト所属のマネージャーでキム·スヒョンの他にもいくつかの所属芸能人のマネージャー業務を行ってきたことが分かった。

キーイーストは韓流スターペ·ヨンジュンが設立した芸能企画社でスター級芸能人が大勢所属している。

もちろん、今回の事件は、芸能界に直接関連する事件ではない。

李氏はキム·スヒョンなど有名芸能人のマネージャーだが、このような業務的な特性に基づいて犯罪を犯したわけではないからである。

たとえば人気スターのマネージャーという肩書きを利用して芸能人志望生や研修生などを暴行またはセクハラした事件ではなく、李氏が個人的に犯した犯罪であるだけだ。

したがって、キム·スヒョンも今回の事件とは全く関係がない。

ただ有名芸能人と呼吸を合わせてきたマネージャーが常習強姦犯だったという事実は、かなり衝撃的な事案である。

芸能プロダクションのマネージャー採用と管理部材の責任だと指摘する声も多い。

特にキム·スヒョンファンが暴行事件の報道で名前が続いて使われることに対しての不満の声も高い。

まだ所属会社キーイースト側は”確認中”という立場だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ