キム·テヒが時代劇なのに韓服にヒールを履いて登場-韓国内でひんしゅく

“最初から高いヒールを履くといいね’ 俳優キム·テヒがドラマと似合わない衣装で劇の没入を邪魔している。

キム·テヒは15日放送されたSBS月火ドラマ’チャン·オクチョン、愛に生きる”でハイヒールを連想させるかかとの高い靴を履いて出演した。


tehi-130417


“チャン·オクチョン愛に生きる”は、1659年生まれで、朝鮮時代の人物。

当時、女性はかかとほとんどない靴を主に履いて歩いた。

キム·テヒは劇中の歴史的背景と合わない靴は見る人々を不快にさせる。

‘チャン·オクチョン’は、先立って史劇でも紹介したがあまり分かっていないのが事実。

また、キム·テヒの劇中の身分は中であり、母親は奴婢である。

奴婢の娘がかかとの高い靴を履いて走り回っている姿が大変不便に見える。

ネットユーザーは”韓服の中が見えないだろうとでも思ったのだろうか” “最初から高いヒールを履いて飛び跳ねてるなんて”などの反応だ。


16日放送された’チャン·オクチョン’ 4回分は全国視聴率7.0%で、前日比0.9%下落し、最下位から抜け出せずにいる。



ソース:http://isplus.joinsmsn.com/article/057/11252057.html




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ