女子中学生を堕落の道へ。「暴行した後、援助交際までさせた」悪魔のような10代

韓国メディアで現在注目されている記事

 



女子中学生を暴行しただけじゃ足りず援助交際までさせた悪魔のような10代の若者一党が摘発された。

全南羅州警察署は、去る6月末に知り合った女子中学生2人を暴行して援助交際を斡旋、途中でお金を恐喝した疑いでオ某( 17)君やイム某(17·女)さんなどを捉えて調査をしていると8月17日に発表した。

警察によると、オ君とイムさんなどは、6月にスマートフォンのチャットアプリを介して会った女子中学生A(12)さんとB(14)さん両方を家出するように誘導した後、彼女達と会った旅館で暴行した疑いを受けている。

 

 

オ君などは、彼女たちを暴行しただけじゃ足りず後に不特定多数の男性から一回当たり15〜20万ウォンずつ受け取り、光州北区の某モーテルで援助交際を斡旋して総150万ウォンを稼いだ疑いも受けている。

オ君などは、学校中退後、家出をしていて集団生活をする生活費を用意するためにこのような犯行を行ったことが分かった。

警察は、オ君を援助交際斡旋の疑いで逮捕し、共犯のイムさんは在宅している。

また、これらと一緒に暴行などに加担したと思われるクォン某(17)君とペ某(17)君ら二人の行方も追っている。

それ以外にも、警察は被害女子中学生と売春をした疑いでC(28)さんなど、大人の男性8人を書類送検した。

警察は、これに加えて家出した青少年らが最近、インターネットやスマートフォンチャットアプリなどを利用して類似犯罪を犯した事例があると見て捜査を拡大している。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ