韓国歌手Rainが今年だけで休暇·外泊62日 “特恵論難”

Rainが今年だけで休暇と外泊を62日とっており議論が起こっている

 



軍服務中のピ(本名チョン·ジフン)が一般兵士とは異なり、頻繁な休暇と外泊で物議に上がった。

国会国防委員会所属のイソクヒョン民主統合党議員は19日、国防部から提出を受けた資料を分析した結果、 “一部の芸能人兵士の休暇日数が過度に多い”とし、他の兵士と公平性の問題を指摘した。

資料によると、国防部国防広報院広報支援隊所属のレインは、今年だけで62日の休暇と外泊を行ってきた。

定期休暇を除く褒賞休暇が13日、上の休暇は5日だと分かった。

公式外泊は10日で服務中である芸能人の中で最も多く公式外泊他営外宿泊はKCM(52日)の次に多く34日を記録した。

 

 

公式外泊他営外宿泊は広報支援台の性質上、地方行事などが含まれるが、ほとんど宿泊地域がソウル江南(カンナム)などで、特典疑惑から抜け出しにくくなった。

ピの場合公式外泊他営外宿泊の34日のうち25日をソウルで過ごしたことが確認された。

民主統合党の関係者は同日、 “スポーツソウルドットコム”との電話通話で”広報支援隊の兵士たちが過ごしている龍山領内を脱し江南で外泊することは恩恵”だとし”録音や編曲、公演の練習などを理由に外泊が許されたが、なぜこのような作業を必ず夜にするのか疑問だ”と指摘した。

レインのほか、先月除隊したパク·ヒョシンは定期外泊に含まれていない外泊を67日した、このうち37日をソウルで過ごしたことが分かった。

現在服務中のKCM(一等兵·本名ガンチャンモ)は52日のヨウンウェ宿泊中29日にソウルの音楽スタジオで過ごしたことが分かった。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ