レインに嫌疑なし”数十億ウォンの背任疑惑は証拠不十分”

Rainが数十億ウォンの背任容疑の再捜査で無嫌疑処分を受けた。

ソウル中央地検は医療者の主要株主でありながら、数十億ウォン台の過度のモデル料を受けるなど、会社に損害を与えた疑い(特定経済犯罪加重処罰法上背任)で告訴されたレインの再捜査の結果、無嫌疑処分を下したと6月23日明らかにした。


検察側は容疑を認められる証拠が不十分で、このような判断を下したと説明した。

rain-130623


先立って衣類ビジネスマンのイ某さんは、20億ウォンを投資したが損害を被ったとし、大株主であり、専属モデルでていたRainを含めた株主の8人を、過去2010年4月に告訴した。

一回、無嫌疑処分を受けたレインは再捜査でも無嫌疑処分を受けた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ