日本を破った後に『独島セレモニー』を行った韓国のサッカー選手パク・ジョンウが特別年金を受け取ることに

『独島セレモニー』をしたパク・ジョンウが韓国でメダリストに与えられる年金を受け取る

 



ロンドン五輪で『独島セレモニー』を行ったパク・ジョンウ(釜山)がオリンピックメダリストに与えられる年金を受けとる。

国民体育振興公団は5日午前11時、ソウル松坡区芳夷洞オリンピックパークテルオリンピアホールでロンドンオリンピック入賞者への年金証書授与式を開催する。

公団はこの日のイベントで、ロンドンオリンピックのメダリスト57人の指導者40人に競技力向上研究年金証書を与える。

公団は4日、 「独島セレモニーで人気があったサッカー代表チームのパク・ジョンウも対象者として推薦されて、今後懲戒するかどうかに関係なく、年金支給名簿に含まれた」と明らかにした。

現在パク・ジョンウは国際サッカー連盟(FIFA)の判断を待っている。

FIFAは5日午後、スイスのチューリッヒにあるFIFA本部で賞罰委員会を開いてパク・ジョンウの懲戒と制裁水位を決定する。

 

 

パク・ジョンウは去る8月、ロンドン五輪男子サッカーで日本との銅メダル決定戦が終わった後、 『独島は我らの領土』と書かれたプラカードを持ち上げて銅メダルを受けとることができなかった。

国際オリンピック委員会(IOC)はパク・ジョンウのセレモニーは政治的行為を禁止するオリンピック憲章50条に違反する余地があるとし、国際サッカー連盟(FIFA)に真相調査を指示し、メダルの授与が保留された。

競技力向上研究年金は支給が確定された月から死亡した月まで毎月支給される。

オリンピックの成績に応じて金100万ウォン、銀メダル750000ウォン、銅メダル525000円ウォンが受賞者に毎月支給される制度だ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ