SS501が8周年の感想を語る”デビュー時は19歳。このまま年を取って行こう”

SS501がデビュー8周年を迎えた。

SS501のパク·ジョンミン、キムヒョンジュン、ホ・ヨンセン、キム·キュジョンは、6月8日にデビュー8周年記念動画を公開した。


SS501のファンはSS501デビュー8周年を祝うメッセージと活動当時の写真と一緒にラッピングされたバスを製作して、5月の最終週から6月の間明洞、江南、弘大入口駅などソウルの主要な流れを運行するイベントをメンバーにプレゼントした。

また、SS501デビューから活動当時の1位のヒット曲との主な活動をもう一度整理して記憶するイベントなど、さまざまなお祝いイベントが続いている。

ss501-130608
ss501-130608-02


これにパク·ジョンミン、キム·ヒョンジュン、ホ·ヨンセン、キム·キュジョンが集まったファンのSS501のデビュー8周年記念の感動イベントに応答する感謝のメッセージを込めた動画を、各メンバーのSNSを介して公開した。

SS501メンバーたちは、ビデオの中で、 “デビュー当時19歳、20歳だった各メンバーがファンと一緒に8年という時間を一緒にして成長することができて幸せで感謝しており、今後もこのように年を取って行こう、より長く一緒にいよう”という呼びかけの挨拶も忘れずにおこなってセンスを見せてくれた。

特にホ·ヨンセンは”長い時間が経ち年も食った。長く愛してくださって感謝して最後まで信じて待っているファンがいるので、頑張ることができる”と打ち明けた。

続いてキム·ヒョンジュンは”これからもっと熱心にして個人的な活動だけでなく、一日でも早く五人と一緒に良い音楽、良いニュースを提供する。賞味期限のないSS501になる”と述べた。

現在軍の代替服務中のキム·キュジョンは”服務を終えて帰ろう”と、短く太い所感を明らかにした。

最後にパク·ジョンミンは”今後、各方面で活動するだろうから見守ってくれ”と伝えた。

リーダーのキム·ヒョンジュンは、スケジュールの問題で参加しなかったことが分かった。


一方、SS501はDSPメディアの企画制作した5人組男性グループで、SSは’Super Star’を、501は”五人のメンバーたちは永遠に一つ”という意味を意味する。

SS501は去る2005年6月8日’警告’でデビューして’Never Again “” Snow Prince “” Deja vu’ ‘私の頭が悪いから’ ‘Love Like This’などのヒット曲を並んで発表し、東方神起と韓国はもちろん、日本、中国を越えたアジア全域で熱い人気と愛を受けてきた。

以来、SS501は、各メンバーが所属を異にしているが、SS501というグループの一体感と関係を常に維持している。

現在、キム·ヒョンジュンはキーイースト、ホ·ヨンセンとキム·キュジョンはB2Mエンターテイメント、キムヒョンジュンはエスプラスエンターテイメント、パク·ジョンミンは去る5月22日に前所属事務所CNRメディアとの損害賠償訴訟の和解をしたのと同時に、法的紛争に終止符を取って様々な国内外の活動を準備している。

SS501のデビュー8周年お祝い動画




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ