韓流スターたちが羅州の小学生女児暴行事件に 『怒った』

韓流スターたちが羅州で起きた暴行事件に怒りを表した
 
スターらが羅州の暴行事件に大きく怒っている。
 
先月31日、小学生拉致暴行事件の犯人であるコ・ジョンソクが検挙された後、俳優オム·ジョンファをはじめ、歌手のタイガーJK、作曲家兼放送人チュ·ヨンフンなどがTwitterを使って不快な心境をのぞかせた。
 
チュ·ヨンフンは3日、自身のツイッターに「児童暴行から妊婦暴行まで。本当に歯ぎしりが自然に出てくる。地獄と違わない」と憤慨した。
 
 

ナム·ヒソクは去る2日、 「児童暴行犯強力処罰のために集まった方々の気持ちは十分に理解できる」とし「最近ニュースに出てくるは.. 幼い女の子たまで.. 殺し.. そんなことをする奴ら。これまでのような罰ではなくてもう出てこないで欲しい」と言いながらこの日、ソウル中区明洞で開かれた『性犯罪者への強力処罰要求集会』の写真を掲載した。

タイガーJKは1日、 「酔った勢いで、腹が立ったという言い訳はできないと思います。このような小学生への暴行事件に関しては話すのをぐっと我慢してたんですよ。でも我慢できないです。酔った勢いで?こんなことをするのか」という怒りの文を載せた。

オム·ジョンファも先月31日、自身のツイッターに「チョ·ドゥスン事件に続き、今回の女の子の事件まで、想像を超越したことがどんどん起こる理由は暴行も児童を対象にした犯罪を犯した人に、私たちの社会があまりにも慈悲を施すためではないだろうか?とても恐ろしく、胸が痛くてムカつく夜である」と性犯罪者に対する処罰に不満を表わした。

それ以外にも歌手ソイ、SBSギムソンジュンアンカーなども州暴行の被告に向かって怒りの文を載せた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ