SUPERJUNIORのイトゥクが軍入隊に際して韓国バラエティ『ストッキング』『強心臓』を同時降板

SUPERJUNIORのイトゥクが『ストッキング』『強心臓』を降板

 



軍への入隊を控えているグループスーパージュニアのメンバーのイトゥクが今月、 『ストッキング』と『強心臓 』を下車する。

SBS芸能プログラム『ストッキング』のPDは12日、スポーツ韓国に「イトゥクが17日、最後の録画を控えている。パネルからMCまで顕著な活躍してくれたイトゥクに感謝の気持ちを示すために送別セレモニーを行う予定」と明らかにした。

『ストッキング』で、イトゥクは放送ブームと昨年10月からカン·ホドンの空席を埋めてきた。

録画分量が相当部分残っているので、10月末までイトゥクの姿を見ることができる展望だ。

 

 

イトゥクはまた、固定パネルとして出演中のSBS芸能プログラム『強心臓』を遅くとも来月初めに下車する予定である。

同じ日に『強心臓』のパク・サンヒョクPDは「イトゥクの軍入隊の日付に応じて最後の録画時期は流動的だが、早ければ今回の月27日、遅くとも来月11日には最後の録画をする計画だ」とし、「ウニョクの残留や後継者については、まだ確定していない」と伝えた。

イトゥクは『強心臓』で、スーパージュニアのメンバーであるウニョクと一緒に自分の名前を冠した『トゥクアカデミー』で笑いをプレゼントしてきた。

カン·ホドンとイ·スンギの体制からシン·ドンヨプイ·ドンウク体制による定着に大きな役割をしたという評価を受けた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ