韓流スター達の 『苦心』 … 竹島(独島)対処法

竹島(独島)関連の韓国メディアの記事。そういえば韓流グッズ・コスメなどでおなじみの新大久保なども今は人が減っているという話を聞いた

 



Kポップスターが所属している事務所を中心に国内芸能界関係者たちの間で、いわゆる『独島マニュアル』が登場した。

我が国の領土である独島を置いて、日本が領有権を主張したため韓流スターたちの悩みの種が増えた。

企画会社次元で所属芸能人の取り締まりに乗り出したわけだ。

29日、複数の企画会社関係者たちの言葉を総合すると
  • 公式席上で独島関連の質問が出ないように事前に遮断すること
  • それでも質問が出たらノーコメント
  • ツイッターなどSNS上で歴史的·政治的事案のライティングは自制
  • 独島だけでなく、韓国と日本を比較するような事案もNG
  • 倭色があらわれる伝統文様や象徴的な小物·衣装着用の注意
などだ。

 

 

これまで国内の芸能界は韓日両国間の葛藤がふくらんで韓流に悪影響がないかという懸念があるたびに『政治と文化は別』という立場を打ち出してきた。

ほとんどのメディアもこれを暗黙的に区別した。

一言で『愛国者』と『売国奴』、岐路に立つしかない彼らに対する一種の配慮であり礼儀だ。

最近は状況が変わった。

 

日本のマスコミが韓国芸能人を引き込んで議論を拡散させようとの意図が多分に見える。

若年層の関心を誘導するために日本の政治家たちの『見せかけの姿勢』に日本のマスコミが応える格好だ。

日本のマスコミは先日、水泳で独島横断に成功したキム·ジャンフンとソン·イルグクだけスケープゴートに飲み込むだけじゃ足りなくなった。

ペ·ヨンジュン· キム·テヒ · 少女時代の過去の発言まで再び暴き出して反韓感情をあおっている。

挙句の果てに、去る27日には、アイドルグループスーパージュニアのメンバーチェ·シウォンが標的になった。

彼が自身のツイッターに「独島は真の私たちの領土であり、命を捧げて守るべき価値があるところです」という内容のツイッター文をリツイートしたのがきっかけだった。

日本の一部のファンは過激な反応を見せた。

ある日本人はある媒体とのインタビューで「スーパージュニアが日本に来ると卵をぶつける」とした。

この媒体は、これをあたかも巨大な事態のように取り扱った。

日本で大きな人気を呼んでいるガールズグループKARAの国内カムバックショーケースで出てきた独島関連の質問も議論に火種をくべた。

いくつかのメディアが回答を回避したカラを批判しながら、他の企画社たちは事態の深刻さを感じた。

ある企画会社の関係者は、 「独島など敏感な事案について問わないマスコミの不文律が崩れた」とし、 「これに対する対応マニュアルを用意する必要がある」と話した。

 

キム·ジャンフンは、韓流スターに独島と関連した質問を受けたときに対処する方法を紹介している。

「感情的に接するのではなく、歴史的·国際法的·地理的なデータをもとに論理的に判断する必要があるのではないだろうか?質問した方が勉強して私に答えをくださいますよう、お願いします」という風に逆に答えを求めるというもの。

各企画会社関係者たちはキム·ジャンフンがしたことを学ばなければならないようだ。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

One Response to “韓流スター達の 『苦心』 … 竹島(独島)対処法”

  1. まるた より:

    キム・ジャンフンは
    10月に日本でコンサートを
    するようだ

    韓国の教科書に載っており
    彼らは授業で習っただけ

    日本のマスコミは
    大人として日本の政治に
    喝を入れるべきである

サブコンテンツ

このページの先頭へ