韓国が”独島(竹島)は韓国の領土”だと立証…?国家記録院が日本政府の公式地図を復元

韓国が”独島(竹島)は韓国の地”だとする新たな証拠を作成したらしい。

 


 

独島が韓国の領土であることを明確に表示した1930年代、日本政府の地図が復元された。

この地図は、1936年に日本政府が発行した”地図区域一覧図”で、第2次世界大戦直後、連合国が独島を韓国領土として認められたとするのに決定的な役割を果たした地図だ。

国家記録院は5ヶ月の作業の末、独立記念館が依頼した”地図区域一覧図”の復元作業を終えたと24日明らかにした。

地図区域一覧図は、日本政府の地図作成機関である陸軍参謀本部直属の陸地測量部が製作したもので、日本と日帝の占領地域であった朝鮮や台湾、北海道などを地域別に表記している。

特に朝鮮エリアには、独島と鬱陵島を一緒に正確に表記して、朝鮮区と日本区域を区分する線を太く描いていて、日本政府が独島を韓国領土と認めた重要な記録の一つとして評価される。

この地図は、書誌学者イ・ジョンハクさんが1988年に独立記念館に寄贈した。

地図区域一覧図は制作当時に両面に印刷されたが裏に紙を加えて額縁に入っていたので、元の姿を確認することができない状態だった。

記録係は地図の裏面に貼られた紙を除去して保存用フィルムの間にドキュメンタリーを入れて超音波で縫合して元の地図の状態に復元した。

独島学会シン·ヨンハ会長(蔚山大碩座教授)は、 “地図区域一覧図は1945年8月15日、日帝が敗亡して連合国が日帝の植民地を解体する時、独島を韓国領土として認められた重要な根拠になった”と話した。

韓国の古地図研究会イ·サンテ会長は”この地図を発行した陸地測量部は日本陸軍参謀本部直属で、日本政府の公式機関”としながら”日本政府が公式発行した地図に独島を朝鮮領土に含めたのは、日本が正式に独島を韓国領土とみなしたものと見ることができる”と説明した。

独立記念館は、地図を近いうちに展示する予定だ。 




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ