東方神起ユノ·ユンホ「ボンド飲料水事件以来、パニック障害を経験した」

東方神起ユノ·ユンホがアンチファンから当時受けた仕打ちに関する告白をした

 



東方神起ユノ·ユンホが2006年のボンド飲料水事件について言及した。

10月6日放送されるKBS 2TV 『トークショーDo Dream』では久しぶりに新曲『 Catch me 』を発表して活動に乗り出した東方神起が若い指導者として出演する。

最近の録画でユノ·ユンホは2006年のボンド飲料水事件を回想してスタッフだと思った人から受けとったオレンジジュースを何気なく飲んでいると血が混ざった嘔吐をして倒れたと述べた。

 

 

最初は怒ったがアンチファンが自分は大変な生活をしているのに(東方神起が)笑って騷ぐ姿を見るのが嫌だったという話を聞いて意図せず自身が被害を被るんだと考えるようになった。

その後人ごみを避けるようになったし、当時と似たような場所、似たようなものを見ると、心拍数が速くなり体が先に反応してパニック障害を経験したことも告白した。

しかし、オレンジジュースを10個置いたりむしろわざわざオレンジジュースを飲んでみるなどして徐々に良くなっていったと付け加えた。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ