イギリスに驚愕な妊婦像が出現『見るだけで鳥肌が…』

イギリスに驚愕な妊婦像が出現

 


 

妊婦がお腹をあけたままのナイフを持っている形状の銅像が公開されて作品性論議に包まれた。

  16日(現地時間)、英国デボン州のある村では、ダミアン·ハーストが作った妊婦の像のベールが剥がれた。

高さ20mのこの像は、クレーンが動員され、近くの埠頭に建てられた。

プラコム市長は”ダミアン·ハーストはプラコムに愛着をたくさん持っている”とし、 “私たちはこの像が私たちの地域に設置されて非常にうれしい”と話した。

しかし、一部の住民は銅像に不快感を表わした。 

住民数十人は”この像が10代の妊娠をあおる恐れがある”と反対署名を地域議会に提出した。 

 

 一方、地域議会の議員たちは、この像が観光客を誘致し、地域のイメージを向上させるものだと賛成意見を出した。

銅像を製作したダミアン·ハーストはこの村に20年間、自分の銅像を展示できるようにレンタルしてくれたことが分かった。

  彼は作品性論議には口を閉ざしている。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ