ワンダーガールズ「来年までグループ活動は事実上不可能」

ワンダーガールズのグループ活動が来年まで不透明な状態だ。

最近複数の歌謡関係者は”ソネが結婚後に妊娠をしてワンダーガールズのメンバーが個人活動に乗り出し、実質的にグループ活動の部分は、議論すらされていない。ワンダーガールズの活動再開は現在のところ非常に不透明だ”と話した。


実際、現在妊娠6ヶ月のソネは、出産後、ワンダーガールズの活動を再開したり、国内の芸能界で活動せずにハイチの宣教師としてやっていく予定である。

放送人であり、スパドエル代表のイ・ミナは6月に自身のツイッターに”出産して6ヶ月後、ハイチの宣教師でいくといっています。もしかしたら、神よりも自分が注目されている行動一つ一つに気を使う、そのきれいな姿。ミッションだけでなくこういった生活を送れることに感謝しているきれいな姿。ソネ氏の姿の中に謙虚さと優しさがどれほど多いことか”と明らかにした。

wondergirls-130711


また、電子公示を通じて公開されたJYPエンターテイメントの主要事項報告書によると、ワンダーガールズの2014年のアルバムと音源の売上高は、全く推定されていない。

アルバム発売の計画がないため、レコードの売上高、音源売上高、アルバム売上、放送出演料などを予測することが難しいからである。

ただしメンバーの個人活動に伴う演技活動の売上高およびその他のマネジメントは、それぞれ2億5,000万円と1,000万ウォンだと策定された。

しかし、これに関連しJYPの関係者は”私生活については、所属事務所が言うことができる部分ではない”と言うことを惜しんだ。


一方、ワンダーガールズのソネは2013年1月、カナダの同胞宣教師ジェームスさんと結婚し、現在妊娠6ヶ月に入った。

例として、ソヒ、ユビン、ヘリムはそれぞれミュージカル、演技などの個人的な活動を行っている。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ