ローエン「キム·ジュンスの広報白紙などしていない。シージェスと協議中」

ローエンエンターテイメント側はシージェスエンターテイメント側が主張した”不公正横暴論’に対して公式立場を明らかにした。


ローエンの関係者は7月9日”キム·ジュンスのショーケースと関連してシージェスとローエンが完全に契約を締結したことはなかった。協議仕上げの段階でこのような問題が発生したのだ”と説明した。

xia-130709


続いて、 “契約協議段階では、様々な条件など様々なコンテンツが行き来するための手順をシージェス側のアピールが発表されたものでローエンがシージェスに一方的に広報マーケティング白紙化を通知したというのは全く事実ではない。そもそも意思決定がなされた状況ではなかった”と明らかにした。

また”ローエンとシージェスは、販売代理店契約を結ぶだろう。もし、シージェス側が主張するように白紙があったとすれば、メロンのホームページに準拠したショーケースと関連したイベントページが閉鎖されるのが正しいことだろうが、ネットユーザーたちにも分かるとおり、そのページは正常にオープンされている。木曜日(11日)に予定されたショーケース当選者名簿も計画通りに公開される予定だ”と説明した。


一方、先立ってC-Jes側は報道資料要請文で”XIA(ジュンス)の正規2集発売を6日残しておいた8日午後、流通社であるローエンエンターテイメントから一方的な通知を受けた”と主張した。

シージェス側は”経営陣の判断に基づいて2ヶ月間続けてきた流通契約をすべて白紙化させている。ローエン側は”私たちは、XIAのオン、オフラインの流通は進めるが、その他の広報マーケティングは全面白紙化することにした”と話した。

ローエン側は引き続き”これは内部の役員の決定であり、ご了承ください。メロン顧客招待ショーケースの場合にローエンTVで生中継はするが、メロンでの露出は不可能である”と通知した”と説明した。

シージェス側はこのようなローエンエンターテイメントの姿勢を”我々は、他の良い条件の契約を進めないように足首をつかむ横暴をして働かせている”と強く批判した。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ