YGが悪質な書き込み犯を訴える「犯人は自白し反省文を提出」

YGエンターテイメントが自社の所属アーティストを対象に数年間継続的に悪質な書き込みとデマを流布してきた悪質な書き込みをしたユーザー(2chなどのようなものに書き込んだ)を警察に告訴した。


7月にYGは会社や所属アーティストの記事が報道されるたびに、悪質なコメントに業務妨害や精神的な苦痛を与えた悪質な書き込みに対する捜査を依頼する告訴状を提出した。

yg-130927


麻浦警察署は、IP追跡を介して証拠を確保するなど、しつこい追跡で最後にキムさんを見つけて立件した。

キムさんは警察の調査で犯行一切を自白した。

YG側によると、キム容疑者は数年YGと所属アーティストの単純な個人攻撃を超えて、人格を冒涜し、名誉を毀損するコメントと虚偽事実を流布してきた。

キムさんの誹謗中傷行為は、会社の従業員とファンも名前を知るほどに執拗だった。

悪質な書き込み数は計り知れないほど繰り返し継続され、長期間にわたってより多くの悪意のある内容でYGと所属アーティストに被害を与えた。

結局YGは、その被害が深刻なレベルに至り会社の所属アーティスト、関連会社を保護するために、警察に告訴状を提出し、この事件を捜査した麻浦警察署は、調査2ヶ月ぶりに被疑者の自白を受けた。

キム氏は”(悪質な書き込みを)最初に作成した数年前に個人的な問題でストレスが多く、八つ当たりするように良くない内容のコメントを作成した。まるでお酒やタバコで中毒になるように、そのコメントの行為そのものに中毒になった。重ねて申し訳ありませんという言葉を申し上げもうしないことも約束いたします”という内容の反省文を警察に提出した。

YGは”インターネットが発達してできた副作用の現象である悪質な書き込みにすることができず苦しんできたが、荒らしの大半が10代の若年層である場合が多く、これまで寛大に対処してきたが、今回の件をきっかけに、YG所属アーティストや関係者が大きな苦しみを受けており、業務を進めるにあたってもいくつかの問題が発生することにより、今後、同様の違法行為が繰り返されるのを防ぐために強力な法的対応をする計画だ”と明らかにした。




ネイティブが教える本物の韓国語学習法!!パク・ナヨンの韓国語速習プログラム

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ